SSブログ
前の5件 | -

ナイキ(NIKE)は罪悪感につけ込もうとしているから許せない [日記]

おはようございます。
この不定期更新ブログに目を通して下さいありがとうございます。

今日、TBSのワイドショーで、ナイキ(NIKE)社の制作したビデオグラムに賛否の声という話題を放送していました。その中で二回もナイキ(NIKE)社の作成した映像をフルで放送していました。

と、言うわけで、今日はそのビデオグラムと報道内容を見ての感想です。

なるほど。日本人は「日本的な日本人」以外の人、日本文化とは異なる文化的バックボーンを持つ人を差別しますし、日本人同士でも虐待やいじめもあります。それは事実です。

でも、それをビデオグラムの形で暴き立る事に何の意味があるのでしょう?「自分たちはそういう事を克服したグローバルカンパニーなので、倫理的に上なんだ。」「差別をしている日本人たちを教育してやる。」とでも言いたかったのでしょうか?

「2ちゃんねる」創設者のひろゆき氏がナイキ(NIKE)社への賛意を示すために全身をナイキ(NIKE)の製品で着飾った写真をSNSにアップしたことも紹介されていましたが、「2ちゃんねる」で、様々な人権侵害を放置していた人のやることは信用できません。そういう人が賛意を示すということが、やはりナイキ(NIKE)のキャンペーンは極めて怪しく信用の置けないモノである事を物語っているように感じられました。

差別は絶対的な悪です。ですから、差別していることや差別意識があることに関する言い訳や反論はしませんし、できません。でも、相手の反論できない事を見せつけ、罪悪感を喚起させるのは単なるハラスメントでしかなく、何の解決にもなっていません。

(私はスポーツが人格を陶冶する、だとかスポーツは国境を越えるなどという幻想は一切持っていません。スポーツ人の不祥事や「サッカー戦争」の事実が、それらの幻想は「たわごと」に過ぎない事を証明しています。)

そして、全世界誰の目にも留まるように公開されているのは、かつて勧告の朴槿恵前大統領が国家ぐるみで、全世界で実施した「ジャパン・ディスカウント」運動と同じような意図を感じます。

そうであるから、自分たちの商売のためとはいえ、日本人に対するハラスメントや「ジャパン・ディスカウント」に加担したナイキ(NIKE)社の製品を一生買わないし、他人にも買うのを止めるよう勧めたいと思ったのでした。

あ、TBSの報道でも、賛否と言いながらほとんど「賛」しか紹介しませんでした。ここにも何らかの意図を感じます。

差別を乗り越えるのは、個人的な信頼関係しかないと思います。相手の事を何一つ知らない(もちろん、相手も自分の事を何一つ知らない)状態では、対応が差別的になる可能性がある事は仕方がないと私は考えるのです。

ビデオグラムの最後に、スポーツで差別やコンプレックスを乗り越えて一つになれるような表現がありますが、それは「スポーツを通して個人的な信頼関係が結べた」あるいは「スポーツのチームの中に自分の存在意義を見いだせた」からであって、スポーツと言うよりやはり人間関係であり、やはりナイキの商売には感心できないと思った事も付け加えたいと思います。

考えが発散してきたので、ここまでといたしたいと思います。

とりとめの無い文章をご覧下さりありがとうございます。どちら様も、佳い一日をお過ごし下さい。

nice!(5)  コメント(0) 

SSブログの運営会社交代にあたって思うこと [日記]

皆さま、おはようございます。
この不定期更新ブログに目を通して下さりありがとうございます。

さて、2020年6月1日から、このSSブログの運営会社がSo-netからシーサーに変わったようですね。

So-netブログの末期(まあ、つい先ほどまでですが)は、次々と広告の表示が多くなり、特にスマートフォンから閲覧する時は、まずポップアップ広告を強制的に見せられるような酷い状態になっていたので、最初にそれを止めて頂けると嬉しいと思います。

私はソニーの音楽管理アプリケーションの「ソニックステージ」のブログサービスの「プレイログ」が廃止になった事から、ソニーの案内で「So-netブログ」に移りました。(記事の移行はしませんでした。)
それからずっとSo-netブログをつかっていましたが、広告表示がどんどん酷くなる一方でしたので、これを機に広告表示のあり方を見直して頂ければなぁと思います。 広告を積極的に表示しない「Twitter」や「Instagram」等のSNSが人気の今、広告やアフェリエイトで利益を出すビジネスを続けているブログサービスや個人ホームページはまさに「オワコン」ですが、新しい運営会社には、頑張って広告の押し付けにならないような仕組みを構築して頂ければと思います。 目を通して下さりありがとうございます。 佳い一日をお過ごし下さい。
スクリーンショット20200601.jpg
(写真は、So-net末期のスマートフォン用ポップアップ広告の一例です。)

nice!(37)  コメント(5) 

東京アラート [日記]

今日もこの不定期更新ブログに目を通して下さりありがとうございます。

このブログの更新をさぼっている間に新型コロナウイルスの世界的流行が発生して、たいへんな事になっていますね。で、首都という事で何かと注目を集める東京都が、政府の緊急事態宣言解除後の経済活動再開にあたり、新型コロナウイルスの感染がふたたび拡大し始めたら注意喚起のために「東京アラート」を発令すると言っていたのをニュースで見ました。5月半ばごろの、まだ政府の緊急事態宣言が解除されていない時には「基準を定め、ひとつでも基準を超えていればすぐに発令する」みたいな事を言っていたように記憶しています。ところが、5月末の時点で基準を超えているにもかかわらず「総合的に判断」したとかで、すぐには「アラート」を出さないことにしたそうです。

はじめは、「基準を一つでも超えたら発令します。」なんて言っていたのに、市民の安全を守る事より、休業補償や政治的失点となることを恐れているとしか思えません。政府も「有識者会議」の議事録を作っていないと言いますし、全部が全部他人事の政治なんでしょうね。

そういえば「すべて私に責任があります。」と言いながら、具体的に責任を取るための行動を一切起こさないですよね。法的には衆議院で不信任されない限り失職することは無いので高を括っているのでしょう。番頭格の方も「承知していない」「コメントはしない」ばかりで不誠実この上ないですよね。そういう人を信任して国会に送り出している人たちは恥ずかしくないのでしょうか。

そのほかにも、自衛隊員や朝日新聞社の社員が賭けマージャンをしたら停職なのに検察官なら口頭注意でおしまいとか、権限を持つ人たちが自分たちに都合の良いように制度を運用する人治主義がはびこっていますよね。こういう法の下の不平等にはうんざりします。

いろいろと書きましたが、この週末に「東京アラート」を出さなかった事に関し、しかるべき権限を持たされている人は、新型コロナウイルスの感染の拡大がふたたび広がっている事実に謙虚に向き合ってくださいと言いたかっただけです。「客観的基準」を作りながらそれを無視して「総合的に判断」したことが、「法令」で定められていることを「運用」や「解釈」で自分たちに都合よくねじ曲げている姿に重なったものですから。

さて、今回のお写真は「ドクターイエロー」です。
2020年2月7日に、たまたま東京駅に行ったらホームに入ってきたので撮影しました。

新幹線02.jpg


新幹線01.jpg


それでは皆さま、佳い一日をお過ごしください。
目を通して下さりありがとうございました。
nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

神戸市のいじめ教師は実名公表の上、懲戒免職にすべき [日記]

皆さま、こんにちは。
この不定期更新ブログに目を通して下さり、ありがとうございます。

神戸市の神戸市立東須磨小学校に在職中の教諭4名が同僚教師複数に対し執拗ないじめやセクハラを繰り返していたという事件、「大人になってまでなにやってるんだ」と怒りより先に呆れてしまいました。

こんな人たちがそれらしい顔をして、教えている児童たちに「いじめはしてはいけない」とか「他人を傷つけるようなことをしてはいけない」なんて言っていたのかと思うと、背筋が凍る思いがいたします。

この事件とは関係が無いのですが、児童にわいせつな行為をしたいがために小学校や幼稚園の教師になる、努力の方向を間違っている変態教師の犯罪もたまに発覚しているので、(これは教員の世界だけではなく、あらゆる業種にも言えるのでしょうが)採用やその後の適性の評価を通して、きちんと「児童(カスタマー)や学校(所属する組織)にとってリスクになる人物」を排除する仕組みを整備する必要があるように思います。

実際、「東須磨小学校」という名前も世間に広まって、そこに通う児童や卒業生も「ああ、あのいじめ教師がいる学校ね」と色眼鏡で見られてしまうようになるでしょう。風評被害を嫌って転校したとしても「ああ、あいつは東須磨から来たから」と、それこそいじめのネタにされてしまうかもしれません。

「おまえの学校、せんせがこんなことやっとったんやろ?」と激辛カレーを目に塗り付けられるとか、セクハラをされてしまうかもしれません。

こういうことを書かれることもすでに風評被害ではありますが、このように、ごく一部であっても腐った人間がいると、そこの全てが否定的に評価されてしまうのです。だから、これまで人事評価や分限制度が未整備かザルにしか見えない公立学校にも、きちんとした人事評価のシステムを構築するとともに、ちゃんと機能する苦情申し立てや公益通報のシステムを導入して、さらに行政監査(学校監査)などもなれ合いにならないように外部の目を入れて受検させるようなシステムにすべきなのです。同僚いじめが野放しにされていること自体が、こういったシステムが機能していなかった証拠です。

学校の不適切な運営は、行政行為の受益者であるべき市民の利益を損ねています。公立学校の教員も公務員なのですから、きちんと市民の利益になるような組織の運営をするとともに、個々の教員も「全体の奉仕者」であることを意識し、ふさわしいふるまいをして欲しいものです。

さて、つまらない前置きはこれくらいにして、今日のらくがきです。

しまじろうたち(2019年5月30日)JPEG.jpg


お花畑で遊ぶしまじろう君たちです。

それでは皆さま、今日も佳い一日をお過ごしください!!
nice!(43)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今日のらくがき(2019年9月29日) [日記]

皆さま、おはようございます。
今日もこの不定期更新ブログに目を通して下さり、ありがとうございます。

私が他の方のブログやホームページにコメントを残すときは、その書き手の想いを否定するようなことは書きません。そのブログ等に書かれていることはその人の考えであって、たとえ自分の考えと違い自分には容認できなかったとしても、それはその人の考えであって自分ではどうしようもないからです。

「他人は変えられない。」「自分が変えられるのは自分自身だけ。」というのは、自己啓発の本によく書いてあるフレーズですが、私もそう思います。

だから、そういう時は自分のブログで自分の考えを書くようにしています。

どうしても自分の考えを直接伝えて意見を交換したい時は、このブログのURLなど、私との連絡が可能になるものを書いておきます。相互にお互いのブログなどで意見を交換できますし、私の普段の考え方やものの見方も参考にして頂けるからです。

だから、名前の欄は未記入とか、名前は書いてあるけれど、そのひとの普段の考え方のわかるもの(TwitterやブログなどのURL)を残していない意見、つまり「書き捨て」の意見は、う~んといった感じです。

ブログなどをされている方の中には、そういったコメントにもひとつひとつ丁寧にコメントを返している方もいらっしゃって、凄いなぁと思う反面、正直マネできないなぁと思います。

さて、つまらない前置きはこれくらいにして、今日のらくがきです。

トンボとり(2019年8月30日)JPEG.jpg


トンボとりをするしまじろうととりっぴいです。
まだ暑い日があるようですが、空の雲はもうすっかり秋になりましたね。

それでは皆さま、今日も佳い一日をおすごしください!!
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。